日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど文庫

大人気書籍化作品の最新情報サイト

てのひらに愛を。

立ち読みする

てのひらに愛を。

魔法のiらんど文庫

  • 著:AKuBiy
  • 発行元:KADOKAWA
  • 発売日:2016年6月25日
  • 定価(本体570円+税)
  • ISBN:978-4-04-892181-7

天国へいってしまった彼――涙が止まらない!の声、続々。大人気AKuBiyの感動ラブ。

1年前のエイプリルフール。高2になったばかりの野中煌(こう)は、突然、天国に旅立った――。
告白もできないまま儚く散った、初恋を忘れられない実加子。最愛の煌を失い、生きる気力をなくしてしまった元カノ・美亜子。兄の死以来、刹那的な恋愛を繰り返していた弟の凰(おう)。
それぞれに喪失感を抱えていた新学期。何かに導かれるように、3人は出会って……。愛する人を失った3人の、止まっていた時間がふたたび動き始める。

  • BOOK☆WALKERで電子書籍を購入
  • amazonで書籍を購入

◆登場人物

井上 実加子(いのうえ みかこ)/ 高校3年
地味で存在感がないけれど、心優しく純粋なメガネっ子。いつも一人ぼっちでいた自分に声をかけてくれたクラスメイトの煌に淡い初恋を抱く。お礼にと言って煌がくれたビー玉を今も捨てられないでいる。
野中 煌(のなか こう)
高1の時の実加子のクラスメイト。頭脳明晰だがどこか冷めたところのある、学校一のモテ男子。高2のエイプリルフールに、最愛の彼女を残して、バイク事故でこの世を去ってしまう。
七見 美亜子(ななみ みあこ)/ 高校3年
美人でサバサバした性格。中学から煌と付き合っていた。1年前に煌が死んでから不眠症になり、学校も不登校がちに。毎日煌に会いたいと祈り続けている。高3で実加子と同じクラスに。
野中 凰(のなか おう)/ 高校2年
美形のモテモテ男子。兄・煌の死からふさぎ込む美亜子を心配して世話をやきながらも、自分もどこか冷めたような恋愛ばかりしかできないでいる。高2で実加子と知り合う。
佐久間 チロ(さくま ちろ)/ 高校2年
実加子のバイト仲間で、凰の彼女。凰に猛アタックしてようやく付き合えることになる。超絶可愛いのに裏表のない性格で、どこか天然なところもある愛され女子。実加子の初めての友達。

著者メッセージ

こんにちは。AKuBiyです。

毎回、作品のタイトルをつけるのに悩みますが、登場人物の名前にはもっと悩まされています。

ふだん思いついた名前をメモに書き留めてはいますが、それを主人公に使ったことはありません。

とくに主人公は、いつも作品ごとにその場の思いつきを大事にして名前を決めています。
今回の主人公は「実加子」ですが、「煌」と「凰」もその場の字面がイケメンだと思えた名前を付けました。
何度も口に出して確かめてみましたが、発音がよく似ているので、はっきりと言わないと聞き取りが少し難しいんですよね。

「煌」と呼べば凰が返事してみたり…と、そんなことを想像したりして、二人の両親はきっと苦労したと思います。
「美亜子」も口に出せば「みやこ」と聞こえてしまったり。
「チロ」は最初「チロル」にしようと思っていましたが、キラキラ感がちょっと眩しくて「チロ」に。結果、犬みたいな名前になってしまいました。
漢字で「知呂」とかにすればよかったかもしれませんが、カタカナのほうが、愛らしいチロにはピッタリだと思っています。

こうして悩みながら、愛らしい主人公たちの名前を悩みながら考える時間。
この幸せな時間に、これからもたくさんの子供たちを生み出せるように、色とりどりの名前を広げていけたらと思っています。
もちろん、読者様、関係者の皆様への感謝を忘れずに―――。

読んでいただき、ありがとうございました。

同じ作者の関連作品

ページトップに戻る