日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど文庫

大人気書籍化作品の最新情報サイト

BABY BLUE  君の瞳に映る、涙の色は[下]

立ち読みする

BABY BLUE
君の瞳に映る、涙の色は[下]

魔法のiらんど文庫

  • 著:伊東ミヤコ
  • 発行元:KADOKAWA
  • 発売日:2014年10月25日
  • 定価(本体570円+税)
  • ISBN:978-4-04-866982-5

苦しくて、切なくて――そうしてわたしたちは恋を見つける
切なさ等身大! 傷つきながらさがす、高校生たちの本当の恋――
文庫だけで読める描き下ろしショートストーリーつき!

本当の恋を見つけるために傷ついて涙する…切ない恋はクライマックスに

大ちゃんと楽しく過ごすはずだった夢子の誕生日。大ちゃんの部屋で聞かされた、あまりにも心ない言葉に夢子は深く傷ついてしまう。部屋を飛び出した夢子は、そのまま貴たちが出演するライブハウスへ向かった。そこで目にしたのは、貴と親友の里沙の楽しそうな姿。やりきれない思いを抱えたまま、夢子はある決意を抱いて――。夢子の想いの行きつく先は?

  • BOOK☆WALKERで電子書籍を購入
  • amazonで書籍を購入

◆登場人物◆

◆相原夢子(アイハラユメコ)
誰からも愛される想子に幼い頃からコンプレックスを抱き、なかなか素直に自分を出せない。幼なじみの大輔に失恋してからは、入学式の日に出会った智にほのかな想いを寄せていたが……。
◆相原想子(アイハラソウコ)
夢子の双子の妹。素直で甘え上手。告白され、なんとなくつき合い始めた大輔とは、兄と妹のような関係から進展する気配がない。
◆上北沢大輔(カミキタザワダイスケ)
夢子と想子の隣に住む、ひとつ年上の幼なじみ。ずっと、近くにいる想子を想い続けていた。勉強もスポーツも万能で、学年・性別問わず人気がある。里沙は、バスケ部の後輩。
◆仲林里沙(ナカバヤシリサ)
中学校の頃から夢子が唯一心を開いている親友で、意地っ張りの夢子のよき理解者。人目をひくほどの美少女だが、体を動かすことが好きで、はっきり物を言う性格。
◆一ノ瀬智(イチノセサトシ)
甘くクールな顔立ちで、夢子の学年の男子の中ではいちばん目立つ存在。そんなルックスに反し、意外と天然なところもあるが優しく、誰からも好かれる性格。
◆一ノ瀬貴(イチノセタカシ)
智の双子の兄で顔は全く同じだが、派手な髪の色や雰囲気は正反対。Candy Tasted Trialというバンドのボーカル&ギターで、曲も作っている。いつも違う女の子を連れている(?)。既刊『NEED』に登場する朝子は、貴の大ファン。
◆高木裕太(タカギユウタ)
Candy Tasted Trialのベース。女の子にだらしない貴にあきれながらも、その才能と声に惚れ込んでいる。よく気がつき、基本的に寛大だが、言うべきことは言う。
下巻にはこんなメンバーも登場!
◆遊佐類(ユサルイ)
端整な顔立ちとスタイル、クールな雰囲気。甘い声と曲作りのセンスに優れ、後にMONORAIL MUSICというバンドで話題になる。貴の3歳上のイトコ。既刊『NEED』にも登場。
◆水沢響(ミズサワヒビキ)
中学生のとき、ライブハウスで類と知り合い、意気投合。繊細そうな外見だけど、完ぺき主義で人当たりは強い。MONORAIL MUSIC にギターで参加する。既刊『何度でも君に、恋をする』に登場。
伊東ミヤコさんの他作品にも関連人物がたくさん!
『NEED』
◆坂口朝子(サカグチアサコ)
悲しい失恋のあと、父親が巻き込まれた事件で生活は一変。CANDY TASTED TRIALの貴の大ファン。
◆有沢亮(アリサワリョウ)
響のイトコで、貴とも何度か面識が……?

『何度でも君に、恋をする』
◆立原璃子(タチハラリコ)
音楽オタクな女子高生。片想いの加瀬に類とのバンドに誘われ、ドラムを始めた。気づいたら、類に振り回され続けることに。
◆加瀬尚(カセヒサシ)
MONORAIL MUSIC では、ベース担当。山口圭とは元バンド仲間。

『壊れるほどの愛を、君に』
◆宮前蒼太(ミヤマエソウタ)
響の大ファンで、イロイッカイズツというバンドを結成。高2
◆海老名深(エビナシン)
響のいたバンドで、ボーカルをしていた
◆山口圭(ヤマグチケイ)
イロイッカイズツのドラムス。のちにMONORAIL MUSICを結成。加瀬とは元バンド仲間。

『そして世界は全て変わる』
◆芹沢錬太郎(セリザワレンタロウ)
遊佐類の大ファン。高校2年生


人物相関図

人物相関図

文庫紹介
NEED ~それでも君を、求めてる~
何度でも君に、恋をする
壊れるほどの愛を、君に
そして世界は全て変わる

同じシリーズの作品

  • BABY BLUE 君の瞳に映る、涙の色は[上]

    BABY BLUE 君の瞳に映る、涙の色は[上]

同じ作者の関連作品

ページトップに戻る