日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど文庫

大人気書籍化作品の最新情報サイト

暴走×少年×少女

暴走×少年×少女

魔法のiらんど文庫

  • 著:あしなが
  • 発行元:KADOKAWA
  • 発売日:2013年10月25日
  • 定価(本体540円+税)
  • ISBN:978-4-04-866032-7

ヘタレなあたしが不良のヘッド!? この逆ハー、ヤバすぎでしょ!?

とーさんの会社が倒産! 高2の小宵は超不良校に通うことに。すると転校初日に学校のヘッドを倒してしまう――大嫌いな虫を払おうとしただけだったのに。その結果、「アンタをこの学校のトップにする。逃げてもムダだ」という信じられない事態に!? ヘタレでビビリな小宵なのに不良教育を受けることになっちゃった!!

  • BOOK☆WALKERで電子書籍を購入
  • amazonで書籍を購入

著者メッセージ

はじめまして、こんにちは。あしながです。
この度、『姫憂』『らぶすて』に引き続き、連載作品である『暴走×少年×少女』を文庫化していただくことになりました。
話自体を思いついた約3年前、そして連載を始めた(確か)1年半前は、まさかこの『暴走』を文庫化していただけるなんて思ってもいなかったので、お話をいただいた当初は本当にびっくりしました。
『暴走』は、私が今まで書いた物の中でも、一番テンションの高くてギャグ(?)要素高めの作品になっているかと思います。登場人物も多く、恐らく一生越えないだろうと思っていた姫憂のキャラ数を余裕で越えてしまったので、作者の自分ですら、キャラの名前と特徴を一致するのに苦労しました。キャラブックもありますが、ほぼ自分のために作ったようなものです怒ってください。
内容に関しても、テンション高く、そして面白おかしく好きに書き殴ったような感じなので、担当さんにも「これは絶対思いついたまま書いてるなって思った」と言われ。私自身も「やっぱりバレていたか」と内心思いつつ編集作業に移りました。
今回、文庫としては、一冊読み切りの発表なので、編集作業にはとても苦労しました。文庫のあとがきにも書いたんですが、連載中の作品に一度区切りをつけるというのは、こんなに難しいんだ、と。私は引き延ばして書いてしまうタイプなので、短く作品を書き上げる人達は凄いんだな、と改めて思わされました。
それから、先ほども言った通り『暴走』の文庫版は読み切りです。なので、サイトとはまた違った面白さがあると思います。最後あたりは、文庫だけのストーリー展開になっているので、すでに読まれている方も楽しんでいただけるのでは、と。
ではでは最後になりましたが、今回文庫化になるにあたって、携わってくださった全ての皆さまに感謝の気持ちを込めて。
ありがとうございました。

あしなが

同じシリーズの作品

  • 暴走×少年×少女2

    暴走×少年×少女2

同じ作者の関連作品

ページトップに戻る