日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど文庫

大人気書籍化作品の最新情報サイト

桜龍 新たな絆 編[下]

立ち読みする

桜龍
新たな絆 編[下]

魔法のiらんど文庫

  • 著:美那
  • 発行元:KADOKAWA
  • 発売日:2016年5月25日
  • 定価(本体630円+税)
  • ISBN:978-4-04-865959-8

累計読者数800万人!!!!
泣けて笑えて最後はカンドー伝説の不良LOVE
元・最強の女総長、ついに本領発揮!?!?

“桜龍”の正体を知るという情報屋marionette makerに近づくため、絋は朱雀の溜まり場を訪れた。だが、そこで抗争に巻き込まれた絋は、やくざの事務所に連行され、囚われていた謎の少年を救い出すハメに。次々と予想外の出来事が起こるなか、今度は絋の過去を知る紅龍の幹部・匡が突然現れる。彼から聞かされたのは、思いもよらない驚愕の事実で……。絋と白虎メンバー達の固い絆に、危機が――!?

  • 魔法の図書館プラスで電子書籍を購入
  • BOOK☆WALKERで電子書籍を購入
  • amazonで書籍を購入

◆『桜龍』新プロジェクト始動!!!!


美那さん書き下ろしのオリジナル脚本で、アーティストAKIRAコラボ
ドラマCDでも舞台でも、が、が、たちが大暴れだよ!!
くわしい情報は、スペシャルサイトからGET
『桜龍』ドラマCD&舞台化決定!
>> スペシャルサイトへGO!
ドラマCD収録裏側を、美那さんがレポート!
必見収録レポこちらから!!
【桜龍】美那オフィシャルブログ
>> オフィシャルブログへGO!

◆大ヒット御礼!!コメント到着

応援ありがとうございます。
続編の桜龍Ⅲも楽しんで頂けるよう、更新頑張っていきます。
これからも絋ちゃん達をどうぞよろしくお願いします!まだまだ絋を取り巻いて関わっていく人達の繋がり部分を、たくさん書いていきたいです。
葛藤や笑いももっとお届けできたらなぁ、と思っています。
お付き合い下さると、嬉しいです。
桜龍キャラクター

◆白虎、絋を語る!! 特別座談会

ねえ、なにやってんの
麻雀!
そういえばこの台、この部屋じゃいつの間にか見なくなってたな。まだあったんだ
由樹
絋ちゃんが来てから、奥に閉まったまま出さなかったからね
今日、絋は?
今は、いない
由樹
夜に迎えに行くことになってるよ
そっか、今日忘年会だったな
総もやる? やりたいなら変わるけど?
いや、俺あんまやったことねえし、見てるわ
由樹
麻雀も、ここで前はよくやってたんだけどね。なんか、いつの間にかやらなくなったね
まー別にあいつの前でやってもいいんだけどよ
麻雀なら、たぶん絋はできると思うけど
は、できんの、あいつ
由樹
そうなんだ?
じゃあ一緒に遊べるじゃん
多分な、多分。あ、でも、卓には誘わねえ方が、いいかも
あ? なんで?
いや、その……なんとなく
何言ってんだ、お前
苦手とか嫌いとか? 嫌っつーなら誘わねえよ
そういう訳じゃ……なんつーか、あいつのは、普通の麻雀にならないような気がする。だから、やめといた方がいいっつーか。そもそもあいつに麻雀教えた連中が――……、いや、やっぱいいわ
そこで切るなよ。気になんじゃねえか
由樹
そっか。総はもともと絋ちゃんのこと知ってたんだっけ
まあ……
由樹
昔の絋ちゃんの話聞きたいんだけど
教えない
仁・由樹・要・俊
……
由樹
仁も知りたいよね?
いくら仁さんでも、俺は話す気ねえから。昔のことはあんまり思い出したくねえし
ふーん。つまんねえの
にしても絋がきてから、お前らほんと変わったよな
お前が言うな
一番変わったのお前だからな
由樹
ふふ、よかったね
何が
由樹
みんな、前よりいい顔するようになったから
はぁ? 変わんねえよ。あんなおかしい女一人きたくらいで。気持ち悪いこと言ってんじゃねえ
由樹
よかったね、仁。ここに連れてきたの、間違いじゃなくて
これから忘年会して、仁の家に泊まって、年越しがあって……楽しみだなー
由樹
クリスマスは絋ちゃんを随分振り回しちゃったしね
……そうだな
――彼らは知らない。
彼女が別の場所で、今、何をしているのか。
誰といるのか。
そしてこの後、忘年会で何が起こるのか。
まだ、何も知らない。

同じシリーズの作品

  • NO IMAGE

    桜龍 孤独な龍 編[下]

  • 桜龍 孤独な龍 編[上]

    桜龍 孤独な龍 編[上]

  • 桜龍 嵐の序章 編[下]

    桜龍 嵐の序章 編[下]

  • 桜龍 嵐の序章 編[上]

    桜龍 嵐の序章 編[上]

  • 桜龍 新たな絆 編[上]

    桜龍 新たな絆 編[上]

  • 桜龍[下]

    桜龍[下]

  • 桜龍[上]

    桜龍[上]

同じ作者の関連作品

ページトップに戻る