日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど文庫

大人気書籍化作品の最新情報サイト

心も身体も全部、全部。[上]

立ち読みする

心も身体も全部、全部。[上]

魔法のiらんど文庫

  • 著:わたあめ
  • 発行元:KADOKAWA
  • 発売日:2016年2月25日
  • 定価(本体550円+税)
  • ISBN:978-4-04-865819-5

彼が浮気をしてる──ねぇ先生、私を抱いてみてよ。

せつなラブで大人気!わたあめの長編が上下巻で同時発売!
サイトでずっと人気だった小説が待望の文庫化!

大会社の社長令嬢である高2の夏希は幼なじみの翼と付き合っている。翼は将来、夏希のお父さんの会社を継ぐことが決まっていて、誰もがうらやむ仲良しカップル。だけど、翼は別の女の子と浮気中、夏希はそれを見て見ぬフリしていた。苦しい毎日を送っていたある日、旧校舎で激しいエッチをしているカップルを目撃。翼を取り戻すため、そのテクニックが見たくて現場を覗いてしまった夏希。そこにいたのは、大人しくて目立たないと評判の副担任、宇佐先生で――。

文庫未収録エピソード公開中!!

  • BOOK☆WALKERで電子書籍を購入
  • amazonで書籍を購入

◆サイトで読んだみんなの声

■感動!泣ける!が圧倒的多数!
すごかったです!!感動しました!
想像以上に良かった!!久しぶりにときめきを思い出させてくれました!笑
もぅ、とにかく泣けます(´;ω;`)
ちょっと切なくて一途な作品で、凄くよかったです!
めっちゃ感動しました!この作品大好きです♪
涙出るし、きゅんきゅんするし、最高のお話でした
すごいいいお話でした。傷ついてる夏希を、先生が助ける!!めっちゃ泣けた。読んでる間も泣けました
お互いの気持ちが共鳴した瞬間の切なさが(ρ_;)
思わず、泣きそうになりましたよっ…(T^T) 大好きです、この小説!!(≧▽≦)
途中からずっと涙がとまらなかったです。先生はほんとに優しくて、、、由衣みたいな友達がいたら幸せだろうなぁって、、とか思ったり。最近で一番泣きました
夏希がなんだか今の自分に思えてとてもびっくりしています。読んでいて、感動して泣きました。小説を読んでいてこんな気持ちになったのは初めてかもしれません。初めてレビューを書きたいと思えた作品です。
感動する部分、面白い部分、どちらもあってとても楽しいし、切ないながらに優しい気持ちになれました。
■胸キュンドキドキの声も!
胸がキュンキュンしっぱなしでした!2人のやりとり最高!!
ドキドキが止まらなかったです!
引き込まれて一気読み!最高♪
とっても幸せになれました!好きな人に今すぐ会いたいです!
ついこないだ読み始めたのに止まることなく読み終えてしまいました!
こんなにキュンキュンして、幸せな気持ちになったのは初めてです。先生と生徒ってあり得ないけれど、その恋が実るってとっても読んでて幸せにしてくれるんだとわかりました。今、好きな人に会いたくなり、好きな人に「スキ」って伝えたくなりました。とってもよかったです!!
これまで 読んだ作品の中で一番すきになりました!
宇佐先生の 豹変ぶりが私の好みだったので ずっとキュンキュンしてました!甘甘で キュンキュンで もー最高です!
■宇佐先生大人気♥
先生、イケメン♥めっちゃいい(^∀^)ノ 先生系だいすきー(・ε・)
先生の秘めたる想いが溢れていますね。先生の想いに胸が熱くなります。
宇佐先生のブラックがいい(>_<)!
きゃーー( 〃▽〃)先生(*ノ▽ノ)
先生ヤバいです!!惚れました!!(〃’▽’〃)
先生が夏希を欲するところにキュンとしちゃいました
■翼への批判も…(^_^;)
翼こえぇえお願いだから二人の邪魔しないでよーっ
またもや翼がっ!!!なんてしつこい(^^;
翼め!!……なんて事を(>_<)
翼なんか捨てちゃえっ(>_<)!
■みんなが夏希と宇佐先生を応援!
夏希の素直さ芯の強さ、蒼真の包み込む愛等にやられました。
先生と生徒のこの関係が羨ましくおもった。
先生と夏希ちゃんみたいな関係っていいなって思います。すごくはまってしまって一気に読んでしまいました。
守られるばかりじゃなく、先生を守ろうとする夏希の姿が素敵です!
先生ヤバいです!!惚れました!!(〃’▽’〃)
もう、二人の気持ちの素直な高ぶりに、私の身体に電流が走りそう。

著者メッセージ

こんにちは、わたあめです!
この度、「心も身体も全部、全部。」を書籍化して頂けることになりました。
サイトで公開している時に読んで下さった皆様、応援して下さった皆様、この作品を好きだと言って下さった皆様、本当にありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

「心も身体も全部、全部。」は、3年ほど前の作品になります。
書籍化のお話を頂いてから読み返したのですが、書いていた当時のことを懐かしく思い出しました。
過去の自分の 作品は粗削りだと感じる部分もありましたが、逆に教えてもらう部分もあったり……。
読み返す時間は、今の自分の作品と向き合う時間にもなれたと思います。

この作品で書きたかったのは、恋愛の真っ直ぐな部分だけじゃなく、人を好きになるが故に生まれる歪んだ感情。
一途な想いの中にも歪みがあって、その歪んだ感情の中にも純粋な想いがある。
そんなキャラ達の歪んでいて、でも真っ直ぐな恋愛を最後まで見届けて頂けると嬉しいです。

応援して下さる読者の皆様、書籍化に携わって下さった皆様、いつもありがとうございます。
これからも、作品共々よろしくお願い致します。

同じシリーズの作品

  • 心も身体も全部、全部。[下]

    心も身体も全部、全部。[下]

同じ作者の関連作品

ページトップに戻る