日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど文庫

大人気書籍化作品の最新情報サイト

ハダカの万葉[上]

ハダカの万葉[上]

魔法のiらんど単行本

  • 著:柏木七生
  • 発行元:KADOKAWA
  • 発売日:2009年8月25日
  • 定価(本体1000円+税)
  • ISBN:978-4-04-867919-0

話題沸騰!
“iらんど大賞2008”上位ランクイン

シンデレラストーリーついに登場

16歳でとつぜん令嬢となった万葉
きらめく世界にうまれた“運命の恋”は――

16歳にして、突然一ノ瀬グループの令嬢となった 万葉。
全てが今までとは違うきらびやかな世界に戸惑い ながらも、懸命に周囲に馴染もうとしていた。
そんな時、太陽のような少年・薫に出会う。
薫の存在に心躍らせる毎日。
この少年との出会いが万葉の運命を変える。
太陽のような少年・立花薫。
義理の兄・和司。
美しい御曹司・密。
様々な想いが交差する中で万葉が追いかけた"運命 の恋"は――

著者メッセージ

2007年11月6日。
通勤電車の中で、少女の頃夢中で読んだような、恋の物語を自分でも書いてみようと思い立った。
めまいがするほど情熱的で、甘くて、夢を見ているような……青く痛々しい物語を。
ちょっぴり頑固で、でもしなやかな心を持った少女と、未来を夢見る、強く美しい少年の出てくる物語を。
忘れないうちにと魔法のiらんどのIDを取り、思いつくままに携帯で物語を綴りました。
それが「ハダカの万葉」です。
勢いで完結してしまった後は「いつか練り直して、完全版を書けたらいいなぁ」なんて思っていたら、こうやって現実になりました。
そして生まれて初めての編集作業は楽しくもあり、想像以上にハードでもあり……。
どれだけ手を入れても読み直すたびに自信喪失、睡眠不足と戦いながら、赤いボールペンを何本使いきったことでしょう。
要領の悪い七生に、最後まで根気良く付き合ってくださった編集様。
素敵な機会を下さった、アスキー・メディアワークス様、魔法のiらんど様、本当に有難うございました。
そしてたくさん時間をかけて美しい本にしてくださったデザイナー様、関係者の皆様、大変お世話になりました。
最後に「ハダカの万葉」と七生を応援してくださった読者の皆様へ。
皆さんの応援の声が「ハダカの万葉」を本にして下さいました。
これって本当に凄いことですよね。
平凡な私の人生、最初で最後の奇跡が起こったと思っています。
本当にありがとう。
胸一杯に咲く薔薇を、感謝の気持ちにかえて。
この恋の物語を読者の皆様に捧げます。

柏木七生 拝

同じシリーズの作品

  • ハダカの万葉[下]

    ハダカの万葉[下]

同じ作者の関連作品

ページトップに戻る