日本最大級のガールズポータルサービス

「恋空」10年目の真実 美嘉の歩んだ道」特設サイト  - 魔法のiらんど

~恋空のこと~

『恋空』書籍化から10年が経ちました。この10年、美嘉さんは何をして過ごされてきましたか?
この質問をいただき、過ごしてきた10年という日々を改めて振り返ってみました。
この10年間は私にとってとても長かったような、でもあっという間だったような、とても一言では伝えきれないほど複雑な時間の流れだったように思います。本当にいろんな出来事がありました。
そんな中でただ一つ確実に言えるのは、私はこの10年で強くなった。そして今でも日を追うごとに強くなっているということ。 10年の間で出会った多くの人達。出会いの分、当然別れもありました。たくさん笑ってたくさん泣いた。たくさん傷つき、たくさん怒り、 そのたびくじけそうになっては立ち直って、最後にはまた、笑う。そんな繰り返しの毎日。いろいろな出来事やたくさんの人との出会いに支えられ、そして何より恋空という存在に支えられた10年でした。
今回発売となる『「恋空」10年目の真実』を書いているとき、どんなお気持ちでしたか?また、書き上げたときのお気持ちはどうでしたか?
最初お話をいただいたときは、本当に自分に書けるのかという不安がありました。というかむしろ不安しかなかったかもしれません。恋空の書籍化から10年が経ったとは言え、 私は恋空という存在を忘れたことなんて一度もなかったし、いつでもすぐそばにあるものだったから。書き始めるまでには多くの葛藤があったのは事実です。
でも書くことによってまた一つ成長できるなら……そう信じて書き始めてからは、10年たった今だからこそ恋空を支えてくれた読者の方や一緒に作ってくれた方、 そばにいてくれた友人や家族に現在の状況や改めて感じた気持ちを知って欲しかったし、私の中でも大きな一つの締めくくりになるんじゃないかって。そう思えるようになったんです。
書き上げたときは、私の中で何かが終わり、また新しい何かが始まっていくような、とても不思議な感覚でした。後悔はしていません。残っているのは、清々しさと誇らしい気持ちです。
『「恋空」10年目の真実』を通して、美嘉さんが伝えたかったことは何でしょうか。
難しい質問ですね。これを伝えたいという具体的な何かがあったわけではなく、10年たった今の私を知って欲しかったという気持ちが大きかったです。 今の私以外にも、この10年の間に起こった出来事や得たもの失ったもの、出会い、別れ、決意、葛藤、いろんなことを知ってもらいたい。 そして私が恋空とどう過ごしどう生きてきたかを知ってもらいたかったというのが一番の気持ちです。
『「恋空」10年目の真実』では、美嘉さんの後ろ姿が掲載されています。 撮影時の裏話などがあれば、教えてください。
最初は、カメラマンの方に撮影をお願いするというお話でした。でもそれだけはどうしても受けられないとお断りしました。
理由はいくつかあります。まず後ろ姿とはいえ最初は撮影でさえ抵抗を感じていたのに、カメラマン……? とんでもない! 私はモデルでもタレントでもない、どこにでもいる一般人。 気恥ずかしい思いもあったし、それに何より初めて会うプロのカメラマンに撮ってもらうより、気心知れた信頼できる方に撮ってもらったほうがより自分らしさを写してもらえるんじゃないか…… そう思い、ワガママを突き通して編集を担当してくださっている方に撮影をお願いしました。
当日はあまり天気が良くなくて、風が強かったことが印象的です。二人の担当編集の方にたくさんの写真を撮影してもらいました。ベンチに座ったり、風船や花を持ったり、 帽子をかぶったりはずしたり、走るふりをしたり……。撮影のたび草むらに転がり、ヨガをやっているみたいなものすごいポーズで一生懸命撮ってくれて、 撮影はとても楽しかったです。空を見上げているところを何枚か撮ったのですが、その時は晴れ間が見えていて広がる空がとても綺麗だったのを覚えています。
『恋空』を書いていた当時と今では、何か違いはありますか?
特別これが変わった!というものはないかもしれません。10年経って見た目や考え方には当然変化はありましたが、しいていうなら「強さ」に対する自分自身の捉え方は変わったかなと思います。
恋空を書いていた当時は自分の弱さばかりが目について、いつか強くなれるのかな? そんな日は本当に来るのかな? と弱気なことばかり考えていました。周りの人から 「強くなったね」と言われても「そんなことない!」って否定していたし、強くなる自信がなかったのだと思います。
でも今は違います。本当に強くなったと思うし、誰かに同じように「強くなったね」と言われたら、「そうでしょ!」と胸を張って返すことが出来る。それが一番の違いだと思います。
当時の友人とは、まだ交流はありますか?
あります。恋空に登場する友人とはみんな繋がっています。たまにしか連絡を取らない人も中にはいましたが、今回の作品を手掛けるにあたり、また頻繁に取るようになったんです。とてもいいきっかけになりました。今度久しぶりにみんなで集まる予定です!
美嘉さんにとって『恋空』の存在はどのようなものですか?
私の一部ですね。あるのが当たり前で、なくなることは一生ない。多分私がいなくなるまでずっと一緒です。いやっ、やっぱり違う。空の上でも、一緒。

~小説のこと~

小説の執筆スタイルを教えてください。(携帯? PC?/どんな時・場所で?)
携帯電話がほとんどです。ただスマートフォンに変えてからはボタンの押し間違いが多いので、パソコンを使って書くことが多くなりました。書く時間帯は夜が多いです。音があると集中できないので、夜のほうが車の音や人の声もほとんど聞こえないので、より書きたいことが書ける気がします。 パソコンだと家に限られてしまいますが、携帯で更新する時は出来るだけ人が少ない自然が多いところで書くようにしています。目立たない人目につかなさそうな?小さな?公園とか、自然が見えるところに車を停めてその車内とか。そのほうが素直な気持ちで書ける気がするんですよね、不思議と……。
『恋空』以外にも小説を刊行されていますが、どの様に物語を組み立てていますか?(着想をどのようなものから得て、どこまで考えてから書き始めますか?)
まず伝えたいことを決めます。この作品では確実にこれを伝えたいっていう核みたいなもの。それを伝えるためにはどんな登場人物がどんな出来事を経て、どんな気持ちでどうやって答えにたどり着くのか。 もし読者さんから届いたお悩みをもとに物語の制作を進めていく場合は、答えを導いてから内容を考えていきます。そして書いていく中で新しいことが浮かべば足すし、なんかちょっと違うなと思えば削っていく。一気に始まりから終わりまで考えてしまうと自分の中で完結してしまって手が進まなくなってしまうので、書きながら進めていってます。
小説を執筆する上で、心がけている事はありますか?
伝えたいことにブレがないことです。あれ、前はああ言ってたのに今度は違うこと言ってる。どっちが本当?ということにならないように。そのためにも誰かを思って答えを変えるのではなく、自分が本当に伝えたいことを伝える。たとえ反対意見があったとしても、そうすることで伝えたいことがブレることは絶対になくなるので、そう心がけています。
8月には新作『天国からの交換日記 ~君がくれた奇跡の11ヵ月~』も発売されました。美嘉さんが小説を執筆する原動力となっているものは何ですか?
読者さんの声ですね。周りの人や会ったことのない人、みんな含めて書籍に目を通してくれた方からの「読んだよ」の声や「勇気もらった」「進めたよ」その言葉が何よりの私の原動力です。

~私生活のこと~

一日のスケジュールを教えてください。
聞いてもあまり面白くないかもしれません。なぜなら息子が生まれてからは、スケジュールはほとんど育児で埋まっているから……。とりあえずこの質問に答えている今日の一日を書いてみます。
起床して息子のおむつ替え&授乳(以下、オム&授)→寝返り練習と布団でコロコロ遊び→朝食作り→シャワーなど身支度→オム&授→洗濯物の取り込み→新たな洗濯→その間に掃除→車でお買い物(息子の洋服など爆買い)→出先でオム&授→帰宅して買ったものの整理と洗濯物干し→夕飯の下ごしらえ→オム&授→グズる息子を抱っこしながらパソコンと向かい合って質問回答。
これが今で、これからの予定は、息子の沐浴→夕飯準備→オム&授→寝かしつけ→夕飯→まったりタイム→寝支度→今日も頑張った!おやすみなさい、かなあ? とりあえず毎日は息子を中心に回ってます。 リアル過ぎ……!?
美嘉さんが最近気になっている物・事を教えてください。
気になっているというか、ハマっているのは料理です!
前から料理はちょくちょくやっていましたが、今まではレシピ本を見ながらきっちりと分量をはかって作ることがほとんどでした。 でも最近は自分流にアレンジしたり、独自の味付けで作ることにハマっています!いろいろ挑戦して、自分の味を生み出すのが楽しいですね( ◠‿◠ )
あ、片付けは相変わらず嫌いです!笑

~今後のこと~

今後、どのような作品を書いていきたいですか?
一つのことにとらわれず、いろんなジャンルに挑戦していきたいです。恋愛に限らず、友情や家族ものなど。 それとまた読者さんから届くお悩みをもとに作品を手掛けていけたらいいなとも思います。 私の時代と今の時代じゃお悩みの内容も変わっていると思うので、今悩んでいる人へ向けて答えを導くためのヒントになるような作品も書いていけたらいいと願っています☆
今、恋をしている女の子に向けて一言お願いします。
伝えたいことを……本当に一言だけ。
顔、上げるのが、怖いよね? でも、前を向かないと、答えは見えない。大丈夫。なんとかなるから。自信持って、目の前の道、突き進んでいけっ!