日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど文庫

大人気書籍化作品の最新情報サイト

支配者[上]

立ち読みする

支配者[上]

魔法のiらんど文庫

  • 著:映画館
  • 発行元:KADOKAWA
  • 発売日:2017年6月24日
  • 定価(本体770円+税)
  • ISBN:978-4-04-893228-8

圧倒的スケールの愛がある!
「俺を憎め…そして、愛せ」
神と呼ばれる男に愛された少女の運命は!?

沖田家の長女は、陰で国を支配する旧家、京極家に嫁ぐことが決められている。次女の雫は姉を陰で支えるためだけの存在として扱われてきた。しかし、神と呼ばれる男、京極家当主の玲が選んだのは妹の雫。突然のことに訳がわからないまま、雫は嫁ぐことになってしまう。家のしきたりに戸惑いながらも、甘く激しく愛してくれる玲に、雫もまた想いを寄せていく。だけど、新しい生活の中で、雫の心は次第に壊れていって――。

  • 魔法の図書館プラスで電子書籍を購入
  • BOOK☆WALKERで電子書籍を購入
  • amazonで書籍を購入

◆愛に囚われた登場人物たち

沖田 雫 おきた しずく

姉の陰に隠れ、家族からもないものとされ育てられてきた。しかし玲にみそめられ、妻となり、重責を背負うことに。

京極 玲 きょうごく れい

陰で国を動かしている“狗カミ”。沖田家の長女を妻とすることになっていたが、妹の雫を選んだ。

沖田 霧 おきた きり ♦沖田雫の姉♦

沖田家の長女。子供の頃から玲の妻になるために生きてきた。しかし妻に選ばれず、雫を恨むように。

沖田 捺雨 おきた なつめ

沖田家の長男。軽い性格で、雫には心を許している。

 あお

雫が飼っているシェパードとドーベルマンのミックス犬。見た目は怖いが、雫を気づかう賢い犬。

桐生 大樹 きりゅう だいき

玲に認められ、雫の専属医となる。玲と雫が住む屋敷の住人となった。30歳。

玲の従者たち

長谷川 地平 はせがわ ちへい

玲とは、友人に近い関係。赤い瞳。

遠藤 蒼羽 えんどう あおば

やや年上で落ち着いている。緑の瞳。

村上 海渡 むらかみ かいと

主に雫の警護を担当。青い瞳。

八神 朝陽 やがみ あさひ ♦京極玲と敵対♦

狗カミの血を引く一族の1人。玲を敵視している。

朝陽の仲間

碧・朱・白 あお あか しろ

朝陽の友人で、京極家に仕える従者の血を引いている。

奥橋 南 おくはし みなみ

玲の身の回りの世話をしていた屋敷の使用人。

著者メッセージ

こんにちは映画館です。

今回本にしていただきます『支配者』は、主人公である雫ではなく、玲というキャラを書いてみたい、と思って書きだした作品でした。

神という存在がもし人間だったら。その神が恋をしたら。そう思って出来上がった玲というキャラクター。
そんな男と恋をするなら。そう考えて生まれたのが、雫です。

私の作品には珍しく、イライラしてしまうほどの内気な子なわけです。私も、「ここでキレればいいのに」「私ならブッ叩くな」と、霧とのやり取り、玲たちとのやり取りを書きながら、そんなふうに思っていました。

雫はとても繊細なキャラクターです。私の作品に出てくる子たちは基本、男より強い子が多かったりするんですが。(笑)
でも、そんな雫が玲によって、私の作品らしい、立派な子に成長する。そんな、他の作品にはない魅力がこの作品にはあります。
キャラクターは成長するものです。しかし雫ちゃんの成長の幅は、どのキャラクターよりも大きい。

みなさん、ぜひ上巻のはじめの方と、下巻の最後の方、雫の場面を読み比べてみてください。
支配者に、なれてます(笑)

サイトでこの作品を読んでくださっていた方々、すみません、結構設定が変わっております。しかし、面白くなっていることは間違いない。断言します。

ぜひ書店で手に取り、表紙を見てニヤニヤしていただければ……幸いです。


映画館

同じシリーズの作品

  • 支配者[下]

    支配者[下]

同じ作者の関連作品

ページトップに戻る