日本最大級のガールズポータルサービス

魔法のiらんど文庫

大人気書籍化作品の最新情報サイト

GOD―囚われの姫―

立ち読みする

GOD―囚われの姫―

魔法のiらんど文庫

  • 著:新井夕花
  • 発行元:KADOKAWA
  • 発売日:2017年2月25日
  • 定価(本体590円+税)
  • ISBN:978-4-04-892712-3

漆黒の極悪兄弟に囚われた姫。
哀しい少女の運命は――。
新井夕花が放つ、究極の最凶不良ラブ。

「俺のところに来るか」中学1年生で親に捨てられた有里紗は、ある男に拾われる。それは美しく冷酷な顔を持つ、極道“神破会”若頭・鷹斗だった。
絶対的王である鷹斗のもとで暮らしはじめて5年。鳥かごに閉じ込められたような日々の中、激しくなっていく束縛に怯えていた。そんな矢先、「助けてやろうか」今まで見向きもしなかった鷹斗の弟、最凶暴走チーム“GOD”総長を務める利人が手を差し伸べてきて……。
一人の少女を懸け、最凶の男たちの戦いがはじまった。

  • 魔法の図書館プラスで電子書籍を購入
  • BOOK☆WALKERで電子書籍を購入
  • amazonで書籍を購入

◆登場人物紹介

私が出会ったのは、二人の男。街を支配し、誰もがひれ伏す、漆黒の極悪兄弟――。

坂下有里沙【高校3年】

中学生の時、母親に捨てられて以来、鷹斗に囲われている。
感情を表現することが苦手。クールな美女で学校では密かに人気がある。

不破鷹斗【24歳】

黒い髪に整った顔。鋭い瞳で他人を寄せ付けない圧倒的なオーラがある。
中学生だった有里沙を拾い、そこからずっと自分の傍に置いている。
誰からも恐れられるが、誰からも憧れられている。

不破利人【高校3年】

鷹斗の弟。『GOD広域連合』という、暴走族や不良チームが多数所属する連合会の総長を務めている。
神破会とGODのパイプ役が主な仕事。
性格はけしていいとは言えず、気に入らない相手には容赦がない。見た目は派手でよく喋る。

星野

鷹斗の部下的存在。鷹斗が不在の時などは、有里沙の面倒を見ている。
鷹斗に対して口応えは出来ないけれど、本当は有里沙のことを心配している。

【高校3年】

『GOD広域連合』の副総長でもあり、利人の右腕的存在。
普段は物静かで優しい性格。有里沙と同じ学校で、有里沙とは顔見知り。

香純【高校2年】

堅の彼女。明るい性格で、物静かな堅とは正反対だけど、それなりに上手く行っている。
ワガママなところもあるが、感情表現が豊かなので、憎めない。

著者メッセージ

新井夕花です。
このたび『GOD―囚われの姫―』が発売されることになりました。
今回はとっても極悪な兄弟に囚われる女の子のお話です。
悪い男って、いけないとわかっていてもなぜか惹かれたりしませんか?
現実世界だとありえないし距離も置くけど、創作だと素直にいいと思えたり。
私もそんな一人です。
人それぞれにあるラブセンサー。
そのセンサーが反応するようにと願って書きましたので、最後には悪い男への“恋”を感じてくださると嬉しく思います。

いつもメッセージをくださる方、忘れずに応援してくださっている皆様、興味を持ち見に来てくれたはじめましての方にも、心より感謝しております。
『GOD―囚われの姫―』、楽しんでいただけると幸いです。

関連ページ

同じ作者の関連作品

ページトップに戻る